areaFree

黄金聖闘士二次創作とたまにたわごと。ほとんど腐。羊師弟と兄さん's傾向。最近メモ化。お気軽にお声掛け頂けたら嬉しいです。

この半年とか

書けてなかったです。いやちょこちょこ書いては居たんですが完成してないっていう感じ。いやーーー流石にちょっと、疲れた。例えるなら燃料無くなっても止める訳にいかずバッテリで動いてた、みたいな感じ。骨身に疲れが浸みたって実感。

ピクに中途半端にUPしてた魔人幼馴染の小話の続きを書いてます。美しさについては魔界医師>秋せつら>浪蘭幻十って認識。原作がそんな感じかと。いやどうだろ先生とせんべえ屋はあれか=に>が乗っかってるヤツ。変換できないけど。

幻十かわいいかわいい。普通に抜け目ない感じでさらりとお土産買ってきちゃうイメージ。別に取り入るつもりもないけどまあ、お近づきの印に…っていうね。

 

 * * *

 高い空はまだ白く、名残の星がひとつ、ふたつと消える頃。
 その空に負けじと伸びるビル群の合間に漂う朝靄が、何処から落ちてきたか重なった枯葉を濡らし、凍るように白く見せる。夜通し騒ぎうろつく輩もふと途切れた。そんな晩秋の魔界都市の朝だ。
 そこを音もなく踏みしめ進む、何処までも暗いインバネスの影があった。

 浪蘭幻十。

 柔らかく優美に流れる癖のある髪に風が遊ぶのをそのままに、かつては秋家とこの街の封印、覇権を競い死闘を繰り広げた浪蘭家の最後の当主は、まだ日の上がらぬ白い魔界都市を行く。まるで人の目に触れてはならぬ禁忌を弄ぶ、暁の黒天使の道行だ。
 何時の間にか浪蘭幻十の足先はすり減った石畳の上だった。
 朝の訪れぬ街。永劫の暁。
 不思議に捻じ曲げられたガス灯が美しい影を石畳に落とす。何時までも、何時来ても暗い街並みを浪蘭幻十は流れる様に行った。見えるものは、木戸の向こうの青白い光、閉め切った窓から漏れる七色の光だ。
 ここは高田馬場・魔法街。
 今も尚、神智の真理を求める学者や術師の怪しげな呟きが満ちる街。
 
 浪蘭幻十は足を止めた。確かめる様に視線が流れた先は七色の水を滴らせる排水口だ。それから今にも崩れそうな掘立小屋を見て、木戸の横にある粘土板に美しい指を伸ばした。

「どなたさま」

 開いた木戸の奥、蟠る闇を払う様な金の髪がふわり、横だけをつい、と結い上げた少女がひとり立っていた。艶やかな夜でしつらえた黒いドレスに、透き通るほどの白い肌。
 人形娘は、蒼い瞳に来客者の姿を映すと「まあ、浪蘭の」と首を傾げた。

「しばらくお出かけになると聞いていましたのよ」
「ええ。確かに出かけていましたが一昨日に戻りました」
「あら、そんなに経っていたのかしら」

 ついさっき聞いたと思っておりましたのに。そう言ってころころと可憐な声で幻十に笑んだ。

「かの国ははいかがでしたの?」
「とても。とても素晴らしいところでした」

 美しく、記憶の傷に今尚濡れて美しく。永遠の不具が愛おしい。
 詩の一節を朗読するかのような来客の声に、蒼い瞳を瞼に閉じて浸みるように「そう」とひと言。

「みてみたい」
「……そのひと欠片でも。お気に召していただけるだろうか」 

 インバネスの裾から伸びた美しい指先に、するり絡んだ白金色のチェーンは糸のような三本を繊細に編み上げたもの。その先には灯る様に揺れる蒼を悠久に閉じ込めた雫。少女の金の髪をそっと除けながら、微かな音を立て幻十の指が少女の首にそれを着けた。

「お似合いだ」
「……何故」
「偶然見つけましてね。これの持ち主を僕は知っている」
「……浪蘭の」

 浪蘭の主の慧眼は何処まで見通すのか。一族随一とは彼の父の評判であったが、その子もまた名を継ぐか。「恐ろしい、浪蘭の者よ」と呟いた声は重く軋んで幻十に問うた。
 浪蘭の、若き当主よ何を見た?
 問われ、幻十はただ笑んだ。

「連れて行けと泣くものですから」

 僕はもう、しがない古道具屋の店主ですよ。そしてこれは貴女の物だ。そう囁いてもう一度笑んで見せた幻十の透く様な金茶の瞳の色を見て、もう二度と会う事は無いと思っていたそれに手を触れて、静かに目を閉じてから可憐な声が「……僥倖」と幻十に言った。

 * * *

ありのまま起こった事を

土曜日午前中だけやってる耳鼻科に行ったら休みでした。何を言っているのかわからねーと思うが…

 

というわけで起きてしまったのでしょうがない。なんかするかーとPCの前に居る次第。何となく思ったことをつらつら。

 

たまにTLに流れてくるのを見て思う。過剰のジェンダー論が好きじゃないんですよね。つい最近では同性婚の話が流れてきて、それ自体は別に求める人がいるのならそれで…って感じであまり関心がなかったんですが、付随するコメントの中に「恋愛じゃないけど友情で共に人生歩もうっていう人にもいいよね」ってあって、それ偽装結婚とどう区別つけんの?ってなるわけです。それ認めるなら結婚に付随する社会保障やら免除的なもの全て撤廃しないとあかんのではないだろうか。

 

付き合いの深度ってあるんだと思うんです。そして共に暮らすって事はかなりの部分で相手を飲まないとやっていけないんだと思ってます。ルームシェアと結婚は同列じゃない。金銭絡むと人が変わるって良く聞きますけど、そのあたりはどうするの?冠婚葬祭どうすんの?生きてるときはいいけど死ぬときどうすんの?病気の時は?吐しゃ物吐いたり排泄物漏らしたり相手のそういうのどこまで受け止められるんでしょうね。そういうのってぶっちゃけ互いの体液交換できるまでの関係性じゃないと無理っぽくない?ボランティア精神で乗り切るの?汚い臭い触れないじゃ済まないんじゃないの?

と、ここまで考えて、あーと思う。

結婚自体がもうね、そこまでの意味を持たないものになってんのね。ほとんどルームシェアと同等、みたいなね。

 

新しい価値観価値基準。でもこれ推奨する世の中で生きるんなら、自立必須なんでしょうね。つまり相手の稼いだ金が自分の生活費じゃないって事ですよ。自分の食い扶持を自分で稼げる人だけが叶える事の出来る新しい世の中。病気の時も死ぬ時も相手に手間を掛けさせない生き方。自分の親類問題に相手を巻き込まない関係性。まあ、それはそれで嫌いじゃないんですけど。

 

なら、ひとり暮らしでいいじゃん。

って事になっちゃうんですよね。

 

連休がおわりますが

連休中の更新がパンツの話で終わってるのもなんだかなんで、どうしようかなーって思っている事を一つ二つ。。

なんかすごいの作ってみたいなーと思ってます。二次本です。ブックケース仕様をやってみたいです。やってみたいけど中身が伴わない危険性とページ数の問題がありますけど…。100は越えたいよな…100ってどんくらいの字数なんですかね…。で、いけるかもしれないのがピクでぽちぽち書いていた長編のリメイクまとめかなあ…。でもあれ羊師弟って感じでもないですね。むー。悩むー。

その羊師弟なんですけど。聖戦終了→魂の解放→現パロのあたりを書きたい欲望が湧いていて、これもちょっと悩み中。現パロ辺りまで来ると「これだれ?」みたいになりそうで…。オチは平行世界。女神が見せた夢みたいな感じで持ってきたら聖域に戻れるかしら…などなど。しかし始まりが突拍子もない感じになりそう。むー。あかんまだ思案が必要だ。

その前に女神の祝福(祝福?)を回収したいんです。日本にでも行って現代を知ってこい!と厳命された聖域の教皇様ご一行。ご一行といってもまあ可愛い弟子と二人旅なんですけどね。まさか職業:アテナ神教の教皇ですって訳にもいかんので何がいいかなーって考えて、やっぱり彫刻家辺りでしょうか。見た目派手だけど外人アーティストなら何とか通るかも。

でもって。応天門の変の歴史を垣間見たり、今は名の無き仏師の技に感慨したり。あれ?現代関係ないですね…ま、いっか。あ、大事な事忘れてますけど、彼ら。眉毛どうしましょう…。

 

ちょっとですね、色々職場の体勢やらが変わりまして。ええ。望むところではあったんですが、変わっても別段私に優しい仕様になるわけでもないんですが。本人が思っているより周りが「大変だったねー」みたいに思ってくれてるみたいです。半分冷やかしや面白がっている感じもありますけど。なので、まあ、真っ当な仕事環境に近づけるんじゃないでしょうか。真っ当に忙しい真っ当に楽しい。そんな感じに。

この隙に、いろいろしたいこと進めたいぞ!

連休の内に

書きかかけを何とかしたい。寝て終わる前に…。

 

最近熱が上がっているFW×GK。世が世なら「俺のGK」とか「俺のFW」とかってイベント名でオンリーやれてたかも知れないいやどうだろう。この二人、中学生から寮生活だしね。ちょうど第二次成長期に当たるしね。お互いの手が初めての他人って設定がリアル過ぎて困る。意外に日向君が後で、夜中にパンツ濡らしてびっくりして思わず若島津君を起こしたりね。「なんだこれ」「…あんたね」みたいな。

「普通恥ずかしいとか思うでしょ。なんで俺にわざわざ報告するんだよ」

「お前以外に誰がいるんだよ」

「…普通はだれにも言いませんよ」

「……お前、もうコレ済んだのかよ」

「………。」

「いつ」

「え」

「だから、いつだよ」

なんでそんな事あんたにいわにゃならんの?と思いつつ、己の身に起きた変化に狼狽え気味の幼馴染にちょっとほろりとしてしまう若島津君。つい「…え…何時だっけ?半年前?」とか答えて「何でいわねーんだよ!」って怒られてほしい。

 

他のヤツとか冗談じゃねえ死ねよだけど何故かこいつは平気。こいつのも平気。何でかなでもまあキモチイイし。の中学二年生。

逆に高校に上がったらそういう事しなくなって、大人になって改めて一線を越えてほしい。

 

 

2017年はやい

マジ早い2016年より早いって同僚と話してました。もう10月なるのかよ…。1000年は一瞬の光の矢だか行ってた女王とかいた気がしますがほんとそれ。生きてる間になにができるかな。

 

15日までブラックってツイの名前に入れてましたが132ページのとある雑誌を取材編集から誌面制作、校了下版まで一ヶ月と三週間って、これ世間では普通なんすかね?なんだか本社のほうにまで「大変だねえ」って言われてるみたいなんですよ。もしかして大変なんだろうか?しかも他の案件掛け持ちっすよ。

というわけでずううううっと鼻づまりが治らなくてもうこれ耳鼻科行くしかないと思います。なんだろう鼻炎の飲み薬も鼻系の風邪薬も聞かなくて点鼻薬で生きてましたがそろそろ限界な気がしてます。今誘拐されてガムテープで口塞がれたら死ぬ自信あるわマジで。

で、ですね、ひっさしぶりの連休なんですよ。ずっと連勤か一日だけ休みかだったんですごい嬉しいです。なんかしたいじゃないですか。どうやらこの連休は台風みたいだし一歩も部屋から出たくないです。

 

ツイッタにもぼそぼそ書いてたんですけど。星矢二次でよく「聖戦を記録して歴史にする作業をする黄金聖闘士」みたいな描写を私はちょこちょこ入れるんですが、ここで私の理想の女神像を…。

 

本来神なので、人には分かりにくい情や愛を持っててほしいというか。人から見たら一見無情なんですけど、実はそれが大いなる神の愛、みたいな。そうしたものを人に対して持っていてほしいなあ。

なので、聖戦が終わり、女神勝利となるわけで、神代より続いた聖戦は終戦を迎え、人の世(青銅の世)は続く事が確定しました。女神は己の世界に帰ります。そう、神話の中に。

己自身を神話にしてしまった女神はもう人の世に直接に干渉はしません。ただ遺跡の中に、神話の中にいて、ただ人の心に「善性」として微々たる影響を持つだけとなります。

その世界。

聖戦で神と対峙し闘ってきた人の魂は、リセットされた世に生きながら、どこかでその記録というか、傷というか、跡、というか。そうしたものを抱えながら人の世を生きていく。

そんな話を書いてみたいけど

これもう二次じゃなくね?とも思いました…。

 

それくらい、原作がさ。すごい設定なんだってことですよね。

なーんて事を考えている時が一番楽しいです。

 

 

「そのかわり」の究極な使い方

表題なんですけど

ユース離脱の若島津君と、母親が倒れて入院先に来た日向君が会って、いろいろあって日向君が言ったセリフらしいです。母親の入院費を捻出する為に仲間と決めた「プロ入りを一年遅らせてユースに専念しようぜ」っていう約束を反故にするしかねーかと適当に決めたプロチームに電話しようとしていたところを、若島津君に止められて通帳を渡されました。「契約金がそのまま入ってるから使ってくれ」みたいな感じで。

いろいろ会話があり、最終的に日向君は若島津君の好意を受け入れるんですけどそこで放たれた言葉が「これはありがたく受け取っておく。そのかわりお前をジャカルタへ連れて行く」だったんですって。と、曖昧に書いているのは私がまだ原作読んでないからなんですけど(探してるのに手に入らん)

いやいやどこにかかるのその「そのかわり」って

金借りて「そのかわり」ってどのかわりだよ…

などなど色々物議を醸したらしいこの「そのかわり」、とあるファンサイト様の分析を読んでなるほどこりゃ小次健を深く理解してないとわからんわと目からうろこ。そうか…なんか開眼したあたい。

日向君って色々人に助けられてる様にも見えますけど実はちょっと違っていて「才能に投資」「投資に応じて配当(成績)」って感じで対価を己の才能と努力実力で払ってきた自負があった。そこにはどうしたって上下のというか、立場の違いがあるわけで、日向君はその中で「等価交換」の人生を歩いている訳です。が、幼馴染でずっと一緒に戦ってきた若島津君とは立場も対等でそんな(上記のような)関係にはなり得ない。ってことはここで若島津君の好意を受け入れようとすると、純粋な「借り」になっちゃうわけですね。しかも金銭の貸し借りって親しい程難しい。(貸す側は戻ってこない前提で貸す心意気がないと後々醜く揉めます)

日向君はこの好意を受け入れました。

貧乏でも施しなんて受けないぜ実力だ実力で掴み取っていくぜって日向君が若島津君に対して、己の信念をよそに置いて「お前にだけは借りを作る」。そしてこの「そのかわり」なんですね。

なるほど!!!日本語へんじゃね?って思ってごめん日向君!こちらの理解が足らなかった!

でもって若島津君もそういった日向君の胸の内をちゃんと理解してるってことですよね。大見えきって抜けて、しかもTVで「なんとも思ってないぜ」とか言い放していたのに戻るんですよ。私が森崎だったら石投げますよ。物凄い勇気と覚悟がいったはず。それを呑み込んで日向君の「そのかわり」を受け入れた若島津君。そう思いながら見返してみるととものすごいお話ですねこれ。終生の親友ですわ。ていうか身内ですよねこれ完全に嫁でいい。←しかもこれ多分作者は意識して描いてない。きっと。そこが一番すごい事実だわ。

キャラがこう、独り立ちしていて作者に描かせる、そんな大作が「キャプテン翼」なんですね。「山田のバッティングが秀逸に描けたからここで負けるところをホームランにしちゃったよ☆」ってエピソードをもつドカベン並みにすごいです。

ファンサイト様、気付かせていただきありがとうございました。(日参しております!)幼馴染の存在ってほんとすごいな。

f:id:k-akira:20170820112210j:plain

 

と言うわけで東邦に入学したばっかの若島津君と、特待生なんで先に来ていて迎えにきた日向君(の手)。あ、これ俺んだわ。って気付いた中学一年生の春。人生のギフトを受け取ったよ!やったね小次郎!!

最近外回りが多い

多いんですよ。先月は千葉、今月からは神奈川、来月末からはまた千葉って感じです。で、その神奈川なんですけど横須賀方面って初めてなんですよね。東京勤務になって十年ですけど気に入ったところにしか行かない習性が祟って鎌倉さえ行ってません。行かないから気に入る以前になってるっていう。これはいけませんね。

で、その横須賀なんですが、あああーーーうんサーファーってイメージでした。(田舎者なんてこんなもんです)ちょっと足をのばして葉山まで行ったんですがいいですねあの辺り。ていうか御用邸って幹線道路沿いなんですね。警備の人というか、警察がきちんと警備してましたけどそれにしても。日本って平和だなあ…と思いました。

関東で十代とか過ごしてたら夏は葉山あたりまで友達と海水浴とか、すごくいいと思う。そう思えば、やっぱ生まれ育った場所って重要だよなあ。

f:id:k-akira:20170813144708j:plain

 

日向君。

Jの選手さんの画像を液晶で眺めつつ描いてみた。なんか乙女走りになったのは気にしない。